2016年12月29日木曜日

間違いではないが、正しくもない

整体によくあるロジックとして「肩こりや腰痛は、普段の身体の使い方が悪いから起こる」というのがある。しかし、本当にそうなのだろうか?という疑問が私にはある。

「ならば、正しい身体の使い方をしていれば、肩こりにも腰痛にもならないのか?」と突っ込みたくなるのだ。

普段から正しい身体の使い方を意識して、見た目にも姿勢よく運動も欠かさないような人でも、肩こりや腰痛に悩まされている。そんなことが多々あるのが現実だからだ。

食べ物に関しても同様に、「正しい食事をしていれば、病気にならないのか?」という疑問がある。

そうなると、さらに突っ込みが必要だ。「そもそも『正しい』って何やねん?」である。

バナナが身体に良いと言われたからバナナを食べる。これは間違いではないが、正しくもない。大切なのは、自分にとってどうなのかという検証だ。

ある事柄について、「正しい」と最初に言ったのは誰なのか。なぜ、自分もそれを信じているのか。先入観なくゼロから見直したとき、自分にとっての真実が見えてくるのではないか。それには机上の知識ではなく、自らの身体を通した体験が必要だ。


---


<お知らせ>

1月27日(金)午前10時~12時、予防医学情報研究所の朝川兼行先生の講演会「脳と意識からみた栄養学」を行います。私自身も朝川先生の講演を聞いてファンになり何度も通っているのですが、今回直接オファーさせて頂き、文京区に来ていただくことが実現しました。

分子栄養学・物理学・心理学などを織り交ぜた深いお話でありながら、客席はいつも爆笑の渦。大笑いしながら思考のスイッチが切り替わる、ユニークでエネルギッシュな講演会です。文京シビックセンター5Fの会議室にて、60名限定です。詳細はこちら
(Facebookのイベントページが開きます。Facebookアカウントがない方は、info@yamakita-seitai.comまでメールでお申込み下さい)

0 件のコメント:

コメントを投稿