2017年1月17日火曜日

それは私のエゴだった

レッスンでお世話になっている巣鴨のスタジオの近くに、朽ち果てたアパートがある。

そこに一人で住んでいるオヤジは近所でも評判の迷惑オヤジで、毎日アパートの前の細い道を大量の赤い三角コーンでふさぎ、車両が通れないように邪魔をしている。アパートの敷地から伸び放題の木の枝も道をふさいでいるが、手入れがされる気配もない。

ゴミ屋敷ではないが、まあその類だ。テレビでも何度か取り上げられているので、ご存知の方もおられるかもしれない。向かいの家も引っ越して空き地のままになっている程の、筋金入りの迷惑オヤジ。

そんなオヤジと、私も何度かぶつかったことがある。私有地だから通るな、警察を呼ぶぞ、訴えるぞというのだが、「なに言うとんねんアホ!」である。夏場など、パンツ一枚で出てきたので「ズボン履いてから出てこいやボケ!」と返したこともある。大阪の人間をナメてはいけない。ここまで来るともうギャグの領域だ。

おそらく、このオヤジは本当には怒っていない。いくら怒鳴っていても怖くないのだ。もしかすると人と触れあいたいだけなのかもしれない。そう考えるとむしろオヤジが可愛く思えてきて、ちょっとイジってやろうかという気分になる。

実にくだらないのだが、しばらくの間、私はなぜかこのオヤジのことが気になっていた。道をふさぐことを止めさせたい。こんにちはと言ったら、こんにちはと返せる人になってほしい。このオヤジを変えてやりたい。

正義感でもなく、オヤジが可愛そうなわけでもない。この気持ちはどこから来るのか?なぜ、私はオヤジのことが気になるのか?この気持ちの正体は何なのか?

気付いたのは、私がオヤジに共鳴しているのだ、ということだった。

オヤジと同じようなエゴを、私も持っている。なんとオヤジは、私の鏡だったのだ。これには自分でも驚いた。

つまり私も「縄張り」を持っていて、誰かに勝手に入られたら怒る人間だったのだ。それは物理的な空間に限らない。意見であったり、価値観であったり、こだわっている領域を侵されたら怒る。他者を受け入れない自分だったのだ。

オヤジとの出会いは、そのことに気付くためにあったのだとわかった。さあ、どう変化してやろうか。

2017年1月13日金曜日

大阪終了!胸骨操作めっちゃすごい

8日間に渡る大阪でのレッスンが終わった。年末からの滞在だったので、半月も大阪にいたことになる。

この数ヶ月、日野晃先生のワークショップで教わった胸骨からの連動をドラムに取り入れている。単なるエクササイズとしてではなく、全ての動きを再構築する作業だ。それこそ座り方から、脚の動き、手の細かな移動に至るまでを全て胸骨から行う。

胸骨から大腰筋をストレッチすることで体幹が安定し、演奏の精度が劇的に上がる。腕の振り方などの表面的なフォームではなく内面の操作なので難しいが、丁寧に練習すれば必ず演奏が変わる。今月来てくれた27人、全員がその場で変わった。

ドラムに応用しやすいのは、日野先生ご自身がドラマーだからかもしれない。本当に感謝しかない。

副産物として、前屈が10センチ以上も伸びる人が続出した。背骨の全体が連動するだけで、そんなことも可能になる。

皆さんとマンツーマンで向き合うことで、本当に多くのことを学ばせて頂いています。今月もおつかれ様でした。ありがとうございました。

2017年1月10日火曜日

「ズレ」に気付けるか?

大阪でドラムレッスンの日々。一人2時間弱の個人レッスンを、毎日3〜4コマ行っている。

大阪では休憩をあえて挟まず、一人になる時間をほぼ持たずに一日を過ごしている。すると、生徒と一緒にいる時間が日常化してくる。そこから生まれる発想が毎月の原動力になっている。これは期間を区切っているからこその集中力だ。

今月のレッスンは、リズムの精度を上げるという共通テーマを持って進めている。

自分は出来ていると思っているリズムパターンでも、よく吟味すると手足がピッタリ鳴らせていない。そうした「ズレ」を各人のレベルに応じて感知してもらい、違和感をなくしていく。

ズレに気付くことさえできれば、八割はクリアできたも同然だ。あとは違和感がなくなるように修正すれば良いだけだからだ。

自分が今鳴らしている音を素直に聴き、修正を繰り返す。地道な作業だが、それが目標に辿り着くための近道だと考える。

目標を持つことはもちろん大切だが、目標に向かうという意識が強過ぎて「今」がおろそかになっていないか。ヒントは想像の中にあるのではなく、今生じている感覚の中にあるはずだ。

2017年1月5日木曜日

「諦める」ことがスタートだった

年始は大阪で家族と過ごし、そのまま昨日から仕事始め。

家内と娘を新大阪駅で見送った後、思い立って実家の一室を施術室にしつらえた。綿のラグを二枚とヒーターを購入して模様替え。私はベッドを使わないのでシンプルだ。新しい空気の中、そのまま2名のお客様を施術させて頂いた。

こうして仕事の幅を広げることが出来ているのは、演奏のギャラだけで食っていくという夢を諦めたおかげだとつくづく思う。

それは、10年ほど前にドラムを教え始めて暫くした頃に諦めた。その延長線上に今がある。

「諦める」の語源は「明らめる」、すなわち「明らかにする」ということだそうだ。自分について明らかにして、それを理解する。この場合の「自分」には、自分を取り巻く周囲の状況、人間関係も全て含まれるだろう。

私の場合、演奏だけで生活するのを諦めることが出来たのは幸運だった。もちろん沢山の人にお世話になったし、自分なりにやるだけのことはやったつもりだ。しかし当時の私は人の役に立ちたいという気持ちよりも、自分がこうしたいという「こだわり」ばかりが強かった。それでは無理だということが「明らか」になったのだ。

自分を明らかにすること。自分の頭の中だけに存在するこだわりを捨て、より自分が生かされる道を見極めること。私はそれを、ドラムの生徒の皆さんから教えて頂いた。

諦めるのは苦しいし、勇気も必要だが、その先に新たな道があるのであれば、潔く諦めるのも悪くない。

反対に、どうしても諦められないこともある。それを「あきらめる」のは私の課題だが、一生かかっても終わりそうにない。

2017年1月2日月曜日

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

昨年は整体院を開業し、ドラムという枠を超えて「身体」を探求する一歩を踏み出すことができました。

ドラムでも山口県への遠征、東京・大阪での月例セミナーなど、様々な場所で沢山の出会いがありました。また、家族を核とした地域活動でも多くの出会いがあり、これまでお世話になってきた方々とのご縁もさらに深まり、人とのつながりの有難さを感じています。

この身に起こる出来事は、すべて偶然の積み重ねだと感じます。自分で選択しているようにも思えますが、実はそうではない。必要な出来事は、必要な時に必ず起こる。出来事をコントロールしようとして頑張るよりも、出来事から何を感じ取り、何を学び、何を自分の血肉にできるかが大切だと思うのです。

今年は今まで以上に感じる力を磨き、出来事に素直に、丁寧に向き合える自分でありたい。そして感じたことを原動力に、考え、行動し、関わってくれる皆さんにお返ししていきたいと思っています。まずは今、目の前にいる人から。

今年も当ブログをよろしくお願いいたします。