2017年2月28日火曜日

「つり合い、バランスする」ということ

先日も書いたが、このところドラムを練習している。鏡でフォームを細かくチェックしたり、メトロノームでリズムを追い込んだりする作業が楽しい。

私は側弯なので左右の動きがどうしても違うが、それを認めた上で身体をどう操作するかを追求していくところが面白い。左右が同じ動きにならないと悩んでいる生徒も多いので、ここは指導者としてのアドバンテージだとも感じる。

それにしても、胸椎の動きが悪かった。客観的にフォームをチェックすると、アゴを引くということが難しい。そこで自分でクラニオをしたり、腰椎を伸ばす施術をしたり、試行錯誤。腕のねじれも関係している。

しかし、そもそも鎖骨の付け根からして高さが違うので、技術で補わなければならないことには変わりない。そうとわかると、むしろどう攻略してやろうか?とやる気が出る性分。

あらゆる意味で、力が釣り合っている状態、バランスしている状態というのが気持ち良い。この感覚を追求し、動きの中でもそれをキープする。

筋力と重力。
思考と感覚。
無意識と意識。
心と身体。

つり合いがとれている状態は、心地よい。

この作業は私にとって、ほぼ「瞑想」に近い。思考を離れ、反復するリズムに心身を委ねる。そこは限りなく安全な、完全に自分だけの世界。誰にも見せない、「表現」の手前の段階。

どんな人にも、そういう時間は必要なのだと思う。ドラムをやってみよう、演奏してみようと思う人は、それが自分に必要なのだと本能的にわかっているのかもしれない。もちろんドラムでなくても良いが、ドラムと言う手段を持っている私は幸せだと思う。妻が教えてくれたメディカルアロマの香りも大きな助けになっている。

頭が空っぽになる時間は幸せだ。


バランスという話題で、こちらにも記事を書きました。


ドラムの「グルーヴ」の話はこちら
整体の「腰痛予防」の話はこちら

0 件のコメント:

コメントを投稿